大人ニキビと向き合う基礎化粧品

ニキビの洗顔は1日2回

ニキビが青春のシンボルと言われるのは、男性ホルモンが増えた影響で皮脂腺が発達し、皮脂の分泌が増える思春期頃にでき始めるからです。

 

ニキビは毛孔の疾患です。それも頭髪のように太い毛でなく、あるかないか分からないような細い毛が生えている顔や首、胸や背中の毛孔によくできます。

 

毛孔には表面近くにある皮脂腺から絶えず脂分が流れ込み、それが皮膚の表面に排出されて皮膚に潤いを与え保護していますが、その一方、出口のところでは表皮と同じように角質が作られています。

 

この角質がたくさん作られるようになり毛孔がふさがってしまうのが、ニキビができる直接の原因です。スキンケアの基本は洗顔ですが、洗顔は1日2回がおすすめです。

 

洗い過ぎは禁物で、過剰な洗顔はかえって皮脂の分泌を増やすことがあります。刺激の少ない洗顔石鹸とぬるま湯で1日2回で十分です。よく泡立てた泡で洗うのがおすすめです。

 

また、ニキビは手で触ると細菌が感染して炎症が起きやすいので顔のマッサージやエステはなるべく避けるようにします。化粧落とし用のクレンジングクリームは、毛孔を刺激して面皰をできやすくしている可能性があるのでできれば避けることが望ましいですが、使用する場合はそのあと石鹸で洗顔するようにします。

 

女性なら毎日のお化粧は必須ですが、お化粧での注意はアイメイクやリップメイクなどのポイントメイクを強調することです。ニキビが目立たなくなり目の周りや唇にはニキビができないからです。